ある谷の先

DSCF5258

前回の続きです

谷戸と呼ばれる谷筋の散策

 

 

 DSCF5250

 

 途中アラビア語のような電話の話し声が家の中から聞こえたり

 

藪を抜け、庭を抜け、洗濯物を抜けた先は何があるのか

 

DSCF5253

山頂付近。静か。

人が一人通れるぐらいの道が続くのですが、脇が崖になっている場所もあり暗い時間はそれなりに危ない。

さらに奥へ入っていくと地図上にシェアハウスと思しき表示があって見に行くと平屋の2世帯住居が空き家になっていた。藪の中でひっそりと朽ちていく

 

急斜面から隣駅へ階段ですぐに降りれる

 

DSCF5267

DSCF5274

DSCF5280

 

DSCF5290

三浦半島はまだまだ散策のしがいがありそうなので少しずつ歩いていきます

 

あとカメラ替えます

 

では

 

 

出版・マンガビジネスの著作権(第2版) (エンタテインメントと著作権-初歩から実践まで-4)

出版・マンガビジネスの著作権(第2版) (エンタテインメントと著作権-初歩から実践まで-4)

 

 

 

 

広告を非表示にする