浄土平と会津若松 2/2

R0010473

浄土平から会津若松へ、前回書くの忘れましたが本件は9月後半の旅でございます。

 

翌朝はこの旅の楽しみ、田事のぜんまいわっぱ

tagoto-aizu.com
とても柔らかく炊いたぜんまいをふんだんに使った蒸しご飯。実によろしい。

この山菜が人を山へ迷わせ、殺す。しかし同時に死んでも食いたいほどうまいもの。という事だろうか

 

R0010474

 

R0010478

 

R0010479

 

R0010490

少し散歩して駅へ。と思ったら近藤勇の首を京都から持ち帰って埋葬したと云われている墓地を見つける

R0010492

蚊に刺されなが墓地の奥へ進む。またビンディングシューズ登山。すると大声で挨拶してくるパイセン。

 

「うぉーーい、おはようっ!」

 

ああ、どうも


「墓行くのか?」

 

ええ


「俺も行くんだ」


すぐですか?


「ああ、すぐだ」

 

R0010493

パイセンはガラガラ声でかなり酒臭い。この時朝の8:30ごろ

どのぐらい酒臭いかというと、この時わたしが前を歩いて、2mほど後ろをパイセンが歩いていたんだけど、そのフォーメーションで臭ったのだ

 

「この上でマツタケの取り合いで殺しがあったんだよ、嘘はいけねーよな」

などとよくわからない話と看板ですでに読んだ内容の近藤勇に関する講釈あり

 

墓地に到着。写真を撮っているとパイセンは何処かへ。また蚊にさされる

 

少しして降りると途中でさっきは無かったワンカップの蓋が捨ててある。今度はだいぶ離れた別の墓にパイセンの姿が。いちいちこっちにあいさつくる。色々な墓を廻っているようだ

R0010495

 

R0010496

 

R0010499

 

R0010500

おっさんの姿形をしたあの生命体は恐らく妖精な何かで、お供え物の酒類を霊に代わってあの世へ届けているのでしょう

 

駅で僅かな土産を買って帰った

 

 

「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)

「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)

 

 

 

広告を非表示にする

浄土平と会津若松 1/2

R0010400

 今まで何度か計画していたもののなかなか実現しなかった磐梯吾妻スカイラインからの浄土平。条件全て揃っていざ

 

8時前に到着。快晴、しかし肌寒い。

 

R0010403

 福島駅からそのまま磐梯山の東斜面を登るルート。時間が経つにつれて程よい気温に

 急がずに、かつ、さくさく登る

 

R0010404

  景色を楽しみつつ。

 

R0010424

標高が高くなるとまだら状に紅葉が。さらに進んで火星のような光景
白根山のようにガス注意の看板。

 

R0010433

山頂。やっと来れたよおっかさん1700M超。

吾妻富士という火口があり、すぐ登れそうだったのでビンディングシューズ登山

 

 

R0010434

 

IMG_4953

 ここは紅葉進んでますね。この先各方面に抜けれるが、翌日早く帰るので会津若松に向けて下る。このあと外輪山的なもので結構脚を削られることに

 

R0010449

 

R0010450

会津若松着。西陽が強い。焼ける
西軍墓地 、武士の情け

 

R0010453

 

R0010458

 徘徊

 

R0010459

 

IMG_5014

夜の活動。前回の訪問時に料理が美味かった店を見つけ再訪するも満席。別の店でニシンの山椒漬けというものに出会う。これがやたら日本酒に合う

 

R0010467

 

R0010468

 

R0010469

 

二件目でさらに日本酒を充填し酩酊

 翌日へ

 

 

広告を非表示にする

夏の長野 2/2

R0010359

行程を書いてませんでした

前の日は上山田温泉から美ヶ原を抜けて松本へ、暑いし登るしでダメージは大きめ

 

その日はお盆の週末で松本でホテルが取れなかったため少し離れた豊科で一泊

異国情緒(今日的な)漂う町並みがありなかなかの雰囲気

翌日は木崎湖経由で鬼無里長野駅という流れで2日かけて長野を一周した感じです

 

R0010362

早起きして木崎湖へ向かう。脚痛い

 

 

R0010365

 

R0010368

信濃大町が予想外に栄えてて移動が遅れる

 

R0010370

 

R0010373

AJたまがわの試走を終えて抜け殻のような状態の方と待ち合わせして、互いに雑巾を絞り出すようなサイクリング

 

R0010375 

 

R0010378

急いで長野駅から帰投

 

前日の投宿先なんですけども田んぼの真ん中にあって変な雰囲気だったので調べたら仏教系の宗教施設の真裏でどうもその関連のホテルだったみたいです

ホテルにビールの自販機がなかったことも残念だったんですけど、入り口に猫の死体があったのは何かの暗示だったのだろうか

 

受付の人に伝えたら「そうなんです朝からなんですよねー、いったい誰の仕業なんでしょう」って、なんとかしなよ

 

チャヴ 弱者を敵視する社会

チャヴ 弱者を敵視する社会

 

 

 

広告を非表示にする

夏の長野 1/2

R0010254

夏が終わったなと思ったら10月になってました

「避暑のつもりで長野へ行くも平地に行ってしまってむしろ暑い」

というのを数年繰り返しているんですが身に付きません

 

R0010265

 

R0010285

 

R0010303

 

R0010315

 

R0010320

 

R0010326

 

R0010328

 

R0010329

 

R0010337

 

R0010348

 

たしかこのとき何処もかしこも雨予報で長野が晴れだったんです

成長しました

 

 

最期の夏 「マブチモーター事件」強盗放火殺人犯 死刑囚獄中ブログ

最期の夏 「マブチモーター事件」強盗放火殺人犯 死刑囚獄中ブログ

 

 

広告を非表示にする

日記用の日記

R0010352

書くぞという意気込みが大事です

 

書くぞ!(自分へ

 

路地の子

路地の子

 

 

 

広告を非表示にする

雨に合流 2日目

DSCF3426

2日目は若松区。半島のような場所

 

この日は北九州にも大雨警報が出ていて鹿児島本線も停止

車借りて徘徊

 

DSCF3429

 

DSCF3436

ずっと雨 

 

DSCF3462

 失礼いたします

 

DSCF3449

 

DSCF3473

 

DSCF3498

 

DSCF3513

 

DSCF3539

 終始雨

DSCF3548

 

DSCF3553

 

DSCF3560

足の冷たさで頭の中はうどんの事でいっぱい 

 

DSCF3577

雨脚が強かった

傘は差してたけど靴はぐしょ濡れ

 

帰りに道に資さんうどんへ、それから靴屋で靴を試着せずに買った

 

R0010201

 

翌日は晴れ

用事を済ませて夜に帰国

 

雨だったけど二泊三日でけっこう楽しめた

 

地の底の笑い話 (岩波新書 青版)

地の底の笑い話 (岩波新書 青版)

 

 

 

 

広告を非表示にする

雨に合流 1日目

R0010084

お世話になっております

身内の事情で急遽北九州へ行きました。前日に福岡の豪雨などあって出発前も踏ん切りがなかなかつかなかったのですが結局自転車持って2泊ほど

以前から飛行機輪行に普通の輪行袋で持っていってみたかったのでこの日にテスト

 

R0010088

事前にいろいろ準備する時間があったので小物を充実させたりしました

変更点は

【チェーンリングを止めるもの】

・ビニール紐→結束バンド

 

スプロケットカバー】

・ぷちぷちと養生テープ→専用カバー

マルト(MARUTO) スプロケット&ディスクブレーキローターカバー RS-S570 シルバー

 

ホイール固定

・付属のベルト専用ゴムバンド

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本) 34633

 

リアディレイラーを固定するもの

・ビニール紐→自作のハンガー

OSTRICH(オーストリッチ) チェーンハンガー

↑この商品の真似して100均ヘアゴムとSカンの片方閉じてるやつで作りました

 

ハサミ

・ふつうのハサミ→携帯用のハサミ

クツワ HiLiNE 携帯はさみ SS105GR 刃渡り19mm グリーン

 

という具合です

 そしてさらに袋に収納時にフロントフォークも外して、だいぶコンパクトになりました

 

R0010091

チェーンに掛けてますけどディレイラーに直接引っ掛けたほうがいい気がする。

2本かけるとビクともしない

 

R0010100

福岡に着くと土砂降り

 

結論から言うと

携帯ハサミとフロントフォークを外したこと以外は良好な結果となりました。

結束バンドは施工の速さが半端ないですし、チェーンハンガーはいいアイデア商品ですね、送料が高かったので買わなくてすいません。ゴムバンドもジャストなサイズで、ホイールを固定するとピクリとも動かなくなる。スプロケカバーも少しパッドが入っていて安心感はある、そして楽

 

で、問題の2点。

携帯ハサミはおそらく紙や紐を切る程度の強度しかなく、結束バンドを2本切ったら死亡しました。小さいニッパー的(爪切りもいいかも)なものか小型のカッターのようなものがいいかもしれません。

フロントフォークはラップかビニール袋を被せればよかったのだけど、なにもしなかったので付いてたグリスがいろんな場所にハッテンしてしまうし、ごみは拾うしでふき取るのに難儀した。そして組み上げるときもベアリングが微妙に決まらずにフロントフォークのガタつきを取るまでに変な筋肉をつかってしまったりして無駄に疲労。通常の国内移動であれば外さなくてもよさそうですね

 

R0010101

 

R0010110

 

R0010124

福岡空港から山をふたつほど超えて直方市へ、即GBTうどん

降ったり止んだりを繰り返し、だけども風はないしたまに止むのでマシなほう 

 

R0010129

 

R0010136

 

R0010141

丘の上の廓跡 

 

R0010148

 

R0010143

 

R0010163

雨はほとんど止んで90kmほどで小倉へ着 

 

R0010160

 

R0010177

 

R0010184

宿は小倉の安ホテル

 

今月はjsportsのオンデマンド契約してたので、天気予報を気にしながらiphoneを先輩格のオンデマンド機に乗せてツールドフランスを観れた。

 

廊下で売ってるカードは不要

  

健脚商売 - 競輪学校女子第一期生24時

健脚商売 - 競輪学校女子第一期生24時

 

 

広告を非表示にする

富士山は高く大きい

DSCF3340

富士ヒルクライム初参加してきました。休むシッティングと休むダンシングを交互に織り交ぜるお休みストラテジーもワークライフバランスが取れずぜんぜんダメでした(完)

 

混雑問題など運営については批判が相次いだ通りです。

 

さて試走の段階で距離が長く苦手な空気を感じていたのですが、序盤からペースが掴めない感じ。

中頃ようやく似たような走力の人を見つけて抜きつ抜かれつ後半へ。最後は強追い風で下ハンひたすら。コースの勾配やサイズ感は湯河原からの大観山ルートに似ていると感じました。

 

80分に近かったのでもう少し健闘したかったですね。最近月間の累積走行距離が昨年の半分にまで減っていたのでまぁ当然といえば当然なんですが

 

 

DSCF3367

大会前日は月江寺駅周辺をパトロールして英気を養い

 

DSCF3350

 

IMG_4311

 

DSCF3377

地方の見たこともないローカル百貨店とか衣料品店に遭遇するとボルテージが一気に高まります。

以前地図に詳しい人と話していたとき、その人は「地方都市の百貨店とかってまさに藩のようなものなんですよ」と言っていたのを思い出す

 

 

DSCF3386

 

DSCF3389

 

DSCF3415

今回の富士ヒルや乗鞍を見据えた練習をするのであればもう少し長い距離・時間に耐えれる練習をしないと身にならないようですね。

最近の自分を振り返るといつも頭の中に描いている白石峠や旧箱根街道は30~40分だし、ローラーもそれぐらいにまとめているように思います。加えてそれぐらいのサイズがいまの生活サイクルで無理なく練習できるという部分が大きいかもしれません

 

 剛性ホイール?あまり印象に残ってない

 

天皇家の財布 (新潮新書)

天皇家の財布 (新潮新書)

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

家具で暖をとる

DSCF3277

こんばんは

5月の初頭やっと焚火にありつけました

 

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺

同伴者が酒を飲まないので車でベアードの修禅寺工場にも寄れた。感謝。

 

DSCF3332

 

DSCF3292

焚火をするために何度かオートキャンプ計画しましたが天候によりあえなく断念をしておりました。修禅寺のだるま山でようやく達成。一昨年の引っ越しで不要になった家具の一部が大量にキープされておりましてそれを燃料として消費

 

DSCF3307

 食材を余らすのが嫌だったので抑えて買い物したら足りなかったです。はい。

この辺は慣れが必要ですね

 

DSCF3314

 

DSCF3320

 

DSCF3331

三島あたりのボコボコした山並みを上空から至近で眺めてみたいんですよね

 

 

 

サバイバル猟師飯: 獲物を山で食べるための技術とレシピ

サバイバル猟師飯: 獲物を山で食べるための技術とレシピ

 

 

広告を非表示にする

タイヤ替えたらホイールが変化した話

R0010010

お久しぶりです

 

zippのチューブラーホイールいじりでメンテナンス熱が高まってしまいました。

以前から後輪ハブの回転がどうも渋く感じられていたので思い切って交換するかとショップへ持ち込んだところ

 

「こんなもんすよ」との診断

 

「でもベアリングの片方を締める部分が少し変ですね」

とのことで調整してもらったら概ね改善。せっかくなので振れ取りもお願いしました。

 

あとは自分でチューブ交換

R0010015

 3年ほど使ったvittoria corsa TU

 

初めてなんとなく使ったチューブラータイヤです。まだほかのチューブを使ったことがないので比較できませんが、軽く、ラテックス素材を使っているらしくで触った感じはペラペラと薄い印象。高評価の方は「しなやかでいい」ようです。私の実感では空気が抜けやすいという特徴があるので連日のロングライドにはおすすめしません

 

さて、チューブ替えの理由としては長く使って薄いチューブがさらに薄くなっていたということもあるのですがコンチネンタルのブチル系チューブを試してみたかったというところが大きな点です

 

R0010020

新しくつけるのはcontinental GP4000Ⅱs TU

 

competitionというモデルが欲しかったんですけど通販ではどこも在庫が少なく、クリンチャータイヤで気に入っているこれでいいやと

 

チューブがはめにくいというのは様々なブログで見ていましたがとても硬く、爪をおかしくしたり七転八倒しながらなんとかはめることができました。

 

2本目は慣れたもんで伸ばしながら一発でOK。はめながらも伸ばしやすい部分というのがあるようです

 

 

 

R0010021

で今回一番大きな変化を感じたのは、がっちりしたチューブをはめたらホイール全体がとてもがっちがちになったという点です。これが世に言う「うっかり剛性」

 

まだ走っていないので手でいじったレベルですが、相当な変化です。なんだか丸い円盤のような硬さと一体感。あとは付け足すと重量が少し増えた感じですかね、

 

楽しみだなーっふっふ

 

 

 

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

 

 

広告を非表示にする