川上練沈

R0001038

れんちんです。塩尻泊で2日連続の山練を計画しておりましたが撃沈の助となりましたブログ。

 

前日までルートや乗車時刻まで思い巡らせていたにもかかわらず
90分遅れてスタート。なんだか疲れちゃってましたね


本庄まで輪行して神流湖方面へ
天気は曇り空、気温は高くなくとても走りやすい気候。眺望はなし

 

R0001041

神流湖から上野村へ続く十石峠街道は土日、平日ともに交通量がそんなに多くないんだけどしっかり整備されていて走りやすい。印象的なのは公衆トイレがそこらじゅうにあって道の駅の配置間隔もやたら短い。以前この街道を一緒に走った@tzr6063さんが話していた「発電所関連施設への交付金の件」を思い出しつつ走る。いつも気になっているけど通り過ぎてしまう万場宿という宿場があるんだけどまた寄れなかった・・

 

 

R0001042

こっちも前から気になってたテーブルのような山、というか採石場なのか、

公式

秩父太平洋セメント株式会社 事業概要 叶山鉱山

 

周囲の山から撮影している詳細レポート、俯瞰写真は必見!

叶山鉱山

 

興味深い土地である

叶山周辺のサンゴ : サンゴの森

 

山の上にだだっ広い平地が出来ちゃっているなんて是非行ってみたい。そのうち山ごとなくなるんだろうか。とにかく叶山と親しくなりたい

 

公式HPにあるように採取した鉱物が1キロ近い隧道を通り抜けて秩父市吉田で吐き出されるという仕組みが何とも嬉しい。そのような営みを毎日淡々と繰り返しているなんてなんてすばらしいんだろう。生きてて良かった(叶山だけでブログ書けたね

 

R0001045

アップダウンが小気味よく繰り返すので気が付くと上野村

 

 

でもって分岐をぶどう峠へ

ここから先は道が川沿いに配され森はとてもきれい

R0001046

R0001053 

 

 

あまりプロフィールを細かく見ないので1000~1200ぐらいだろうと勝手に思い込んで登る。やたら長い、まだかなーと10回ぐらい思ってたらようやく御巣鷹山の見える場所。

R0001059

R0001064

R0001062


そのつぎに頂上。1500mもあった。寒い。

ウィンドブレーカーを羽織ってとっとと下り

 

 

R0001068 R0001069


400ほど降りて川上村への登り返し

 

 

R0001071

R0001072

R0001074

 

R0001078

 


とても長い登りを経て、まだ登る、ここから斜度きつめ

 



R0001081

ようやく頂上。名前は馬越峠。1600ぐらい
陸将によるありがたい記念碑

 

R0001083


川上村へ下ると猛烈なレタス展開
ちょうど植え込みの時期だったのかも。水面のように見えるのはすべてビニール

R0001089

 念願の川上犬とのふれあいたいむ

 

 

R0001095

R0001099

後頭部好きのあなたに

柵のなかであまり触れないので隙間に指を入れたりして細々と触れ合う。

友好の意思を確認した。

R0001090

R0001105


二つの山で冷えてしまったせいか両膝が良くない状況に。。

せめて小淵沢までと思っていたけどそれも厳しそうなので野辺山駅にて沈

R0001108


翌日に予定してたのは以下。いい場所はいいコンディションで乗りたいので、二日目のコースは次回に持越しつつ退散

 

 スーパーあずさ大好きです。(しつこい

 

ガイドブック 秩父事件 (新日本Guide Book)

ガイドブック 秩父事件 (新日本Guide Book)

 

 

 

広告を非表示にする