嘘つきおじさん

R0001154 R0001155のコピー

 ここのところ天気は晴れたり曇ったり、何かと忙しいしまとまった休みも取れないので荒川三昧

 

 

R0001157

R0001164

そういえばはてなブログの写真容量が増えたらしいですね、次から使います

 

なんとなく以前から気にかけてたc24の前輪ハブいじりをしたり

R0001221のコピー

10000km以上は使ってると思うんだけどグリスはそんなに汚れてなかった。前輪だからだろうか。

 

あっけなく作業終了

 

R0001224のコピー

 

 

R0001212

 

・夜のお話し

 近所のもつ焼き屋にて

カウンター席の隣に妙にそわそわしている面白そうなおじさんが座る
「すいませんおれ蟹股だけど悪いね」

次は店主に対して
「おれこんどこの前の道で工事するんで迷惑かけちゃうけどすいませんね、水道屋なんだけど、よろしくね」


俺に対して
「せんぱい、どこのうまれ」

「せんぱい、仕事何してんの」

「どこまで通ってんの」


    「近所に住んでて埼玉県まで通ってますよ」


「兄さんやさしい人だね、何飲んでるの一杯奢らしてよ」

    「いやー悪いんでいいですよそんな」


「おれね生まれ沖縄なの、いろんな仕事してさ、いまは千葉に住んで水道屋やってる」

グラスを持つ手を見るとガチガチに太い指で、指先のほうが太くマッチ棒のような感じ。手を酷使する仕事をしているのだろう

    「水道屋さんとか雨の日の工事大変じゃないですか」


「そうなんだよ、最悪だよ。おれ今日カミさんに嘘ついて飲んでるんだよね、雨降ってたし千葉まで帰りたくなかったんだよ」

「まだ2回しか結婚してないけどね」

 

  「沖縄って占い師みたいな人が結構いて、影響力あるんですよね」

  「知り合いが子供のころ占い師の予言のせいで親にまつ毛全部抜かれたって怒ってました」

 

「あーいるね、だけどさ、目の前でほんとに不思議なことも起こるんだよ。目の前で見ちゃったら信じるしかないべ」

「せんぱい歳は30ぐらい?」

    「40になりました」

「倅が30代だからさ、せんぱいと一緒かと思った」

「どんな仕事してんの」

    「まぁ事務職ですよ、腰痛になりますよ。水道屋さんはどうですか」

「腰痛?一度もない」

「おれもう60」

    「ほんとですか、見えないですよ」

「うそ。ほんとは58」

    「みえないなぁ」

※さっきから一杯おごるって言ってるけど奢ってくれてない


飲み終わったので会計


「せんぱい帰る前に一杯おごらしてよ」

    「いやぁもう帰るんで」

店のおばちゃん
「どうすんの、お兄ちゃんに奢るの?」

「・・・・無言」

 

店のおばちゃん
「どうすんの?」

 

「・・・・無言」

    「いやぁもう結構飲んだので帰りますよ、お気持ちだけいただきます」


「なんだよぉ、おまえ寂しいなー」


※さっきから一杯おごるって言ってるけど奢ってくれない

    「じゃぁ先失礼します。おじさんまたここで逢えたら飲みましょう」

 

路上工事作業における道路使用許可申請マニュアル

路上工事作業における道路使用許可申請マニュアル

 

 

 

広告を非表示にする