赤城山、鳩待峠、坤六峠

R0001780

こんにちは

ブロガーです

 

山に効率的に走りに行くライドを敢行いたしました。

仕事を終えて準備して山まで移動・前泊し、早朝からえっちらおっちら登れるというプランでした。宿泊料は破格の3100円ということで早くスタートできるなら悪くないなとやってみたわけです

この日は北斗星最後の日ということでお札が下がってた

 

R0001785

ホテルまでは歩いても行けるので即麦活

 

 

R0001790

価格破壊の極北、新前橋「ロングサンドホテル」

 

R0001791

R0001795

早めに寝た

 

 

R0001798

 

R0001800

そんな感じで6時過ぎにはホテルを出て走り始める。気温が低いうえに雨。

凍えながら赤城の案内所に着。タイムはあまりよくないし下りの防寒具持ってないんだよなーと不安になりつつ北面へ下る。

 

すると雨は止んで気温も少し上がってきた

R0001803

赤城から片品へ抜ける時に通る薗原ダムのすぐ下流に南郷という地区があってここはこじんまりと谷に収まっていていい雰囲気。しゃくなげの湯という温泉もあるようなのでゆっくり寄ってみたい

 

R0001804

R0001808

夏は暇そうにしている設備たちを横目に尾瀬方面へ

 

 

R0001809

 

ところで今回とても気になったのが尾瀬の旅館街にある私設の体育館。

けっこう大きくて小学校の体育館ともそんなに変わらない大きさ。いったい何に使うのか、もしかしてサラリーマン旅行団体や農協観光団体が旅館の卓球に飽き足らず、バドミントンを所望してこのような結果になったんだろうか、

 

と心配してみたんだけども。学生などのスポーツ系合宿に使われているものらしい

 

しかもこんなにある

群馬県合宿の宿一覧

http://www.aytravel.co.jp/gasyuku/gunma/gunma-yado.html

夏の涼しさを求めてくるのだろうか

R0001816

R0001817

R0001822

 

で鳩待峠

最初は来る予定は無かったのだけど天気が良くなってきたのと予定よりも早めにこれたので寄ってみた

R0001825

R0001826

R0001827

表示どおりこの先の駐車場は満車だった。平日なのに

 

 

R0001830

空気が違う。光の質が違う。サングラス必須。

 

R0001832

 

R0001839

で2年ぶりぐらいの坤六峠。前回は埼玉ブルべのスーパーアタック奥利根で水上方面から登って以来

 

R0001844

R0001845

R0001849

目に留まった。持って帰りたかった。

 

R0001856

水上方面からだと鈍行で3時間というのは調べていたので15時に水上から撤収。

だいたい140kmで3500upなので十分満足。

今後もこれぐらいの1日100~150km程度の旅を散発的に発掘していこうと思う

 

にしてもstravaさん盛りすぎ

 

 

 

広告を非表示にする