読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょいと長野まで

R0002974

 

こんにちは
久しぶりに600kmブルベに参加しました

二子玉川から長野の木崎湖へいって戻るという長旅

 

夜の0時スタートなので仕事終わってそのまま準備して現地へというハードスケジュール。ブルベは基本早朝のスタートだったりするので前日にそんなに寝れるもんじゃないんですけどね

 

 

R0002979

 

スタートしたら飯能経由で高崎方面へ
仕事の疲れからか気が乗らない。帰って寝たい。電車もないし行けるところまで行ってみよう作戦

 

夜は眺めもないので退屈です。しかしなんだかんだで夜が明けて来て高崎に入る
陽が出てくるとなんとなくやる気ゲージ回復。せめて木崎湖までは行こうという決意

 

このあと中山道を通りますが、このあたりに宿場の雰囲気がこれほど残っているとは知らなかった。


妙義山が良く見える。楽しい。目が覚める。

 

 

R0002984

 

 

R0002986

 とはいえ眠い。碓氷峠眼鏡橋の駐車場で15分ぐらい寝ー。

 

 

R0002996

余りあるホスピタリティ、H・D・S

 

 

R0002997

 

浅間山の麓にある道路を通って長野入り
善光寺近くの夜の街を昼間に通過。後で調べたら権堂駅から東へ延びている西鶴賀町というところだった。とても長い街路で改めてじっくり歩きたいところ

 

R0002998

 

 

R0003000

 

 

R0003005

 その後登りが続く。えっちらおっちらでトンネルの先に白馬が一望できるという嶺方峠へ

山頂だけ見えない。。惜しい

 

 

R0003010

 

でもって木崎湖着。ありがたい接待を受けつつ2時間ほど休んだあと完走を目指して2度目の夜へ

 

塩尻あたりから空気が冷えて来ておまけに雨が降ってきた。そのときの走力と朝までの道のりを考え、雨のコンビニで悩んだ挙句にここで終了。350km地点ぐらいか

 

健康ランドで同じ境遇の参加者と同じ風呂に浸かって「だよねー。」とか言う。

いや、言ってない

 

朝まで少し休んで岡谷駅から帰宅

 

R0003018

 

 

R0003019

 

もう少し行けたかなぁ、、とか、退路のない状態はやはりリスク高過ぎるとか、何度か反芻したり

 

ゴール地点へ荷物を取りに行ったら完走者がちらほら到着。。

 

お疲れ様でした

 

漂流の島: 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う

漂流の島: 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う

 

 

 

 

広告を非表示にする